上のお子さんとのかかわり方

上のお子さんとの関わり方 ナーシングドゥーラ®
この記事は約2分で読めます。

「上の子が赤ちゃんと
遊ぼうとするんだけど、
危なっかしくて『さわらないで』
『あぶないから、さわらないで』
って、
言っちゃうんです。」😭

兄弟仲良く遊ぶ姿を夢見つつ、
今、どうしていいかわからない

そんな時ありますよね。

そんなお悩みが
男の子が上のお子さんの
お母さんから
続きました。

***

サポート中に
赤ちゃんとの遊び方を
2歳のお兄ちゃんに教えて
一緒に遊んでみました!

○抱っこしてみる
 床に座って、安全に

○赤ちゃんと握手してみる
 赤ちゃんのの手をツンツンして
 しばし待つと
 手を開いてくれますよ

○赤ちゃんをトントンしてみる
 お腹より、太ももあたりがおススメです。
 泣いてる赤ちゃんにトントンして、
 「泣き止んだね~」と言ったら、
 お兄ちゃんニコニコ嬉しそう。

○足の裏をコチョコチョ、もみもみ
 赤ちゃん反応して、嬉しいね

○うたを歌う
 赤ちゃんとお兄ちゃんが一緒に歌う日が楽しみですね

3歳になると、
赤ちゃんの好きなおもちゃを
持ってきてくれたり
また違う遊びができるようになります。

遊び方は無数にあります。
ナーシングドゥーラ®と話すことで、
お母さんたちの遊ばせ方のバリエーションが
広がり、
上のお子さんとも下のお子さんとも
ご機嫌にすごせる時間が増えることを
願います。

***

赤ちゃんと遊ぶ
お兄ちゃんの笑顔が
可愛かったなあ♡
それを見守るお母さんの
ホッとした顔も素敵♡
至福の時✨

The following two tabs change content below.
ひご まきこ
保育園看護師として26年間、300人の0歳児と1年間を共に過ごし、1000人の1~5歳児、お父さんお母さんとかかわってきました。その経験や学んだことを生かして、妊娠中から出産、子育ての悩みまで、あなたに寄り添い、幸せづくりのお手伝いをしていきます。
タイトルとURLをコピーしました